Archives for: 7月 2017

株の暴落で、追証のためにお金が必要になった経験

私は以前株をやっていて、証券会社では貯蓄金額に合わせて借り入れというのが出来て、実際に貯金としては200万円程度でしたが200万円の融資を受けて合計400万円を元手に株投資を行っていました。

しかしこれはあくまで信用取り引きで、自分の持っている株が暴落してしまうと、株式投資としての信用というのは投資家としての目利きなので、そこまで多目に見ては貰えません。そして、私は今までに2回株の暴落でピンチになり急にお金が必要になりました。

というのも私は一時的な暴落だと考えていたので、持っている株を下がった金額では売りたくなく、そうすると追証としてさらにお金を預けなければならなかったのですが現金として他に預金などはなかったからです。

なので一回目のピンチの時に私が取った行動は、クレジットカードで買い物をしてそれをネットで売って現金にするという方法ですがこれで用意できたのは20万円程度で、あと30万円すぐに用意する必要がありました。

そして、二回目のピンチの時は持っている株の一社が訳ありで暴落しただけだったので、金融機関からの借り入れは出来る状態で実際にキャッシングを利用しました。最近のカードローンはカードレスで振込キャッシングなんですね。(こちら

しかし、一回目のピンチのときはリーマンショックの時で日本全体が景気が悪く、私が本業でしていたビジネスも傾いていた頃だったので金融機関からの信頼は低く借り入れも少ししか出来なかったです。

なので、一回目のピンチのときの残りの30万円を用意する方法としては親戚周りをするという事でした。そして現金を下さいというのはいくら親戚でも言い出しにくいので、貴金属で要らない物があればくれないかという話をしました。

貴金属は価値がある物というのは一般人認識で皆ありますが、鑑定しないとはっきりと金額が出ている物ではないのでいやらしさというのが少なく、お金に今困っているからという話をすれば意外とほどこしとしてもらえる事ができ、換金もすぐにできるので非常に助かりました。