リボ払いでなんとか借金しなくて済みました

現金清算ではなくカードで買い物をしてしまうせいで、自分が現在どれだけ使ったのか、今月の請求がどれくらいか分からなくなってしまいました。

そのうち、自分のお給料よりも多い請求がやってくるようになってしまい、ぎりぎりボーナスで賄ってきたのですが、ボーナスが出るからと更にお金を使うようになってしまったのです。

購入したあとに「これは自分には必要ないな」と思っても、どうしてもそのとき購入してしまうのです。

そして請求がきて、必要ないと理解して後悔してしまうのです。

しかし後悔は長続きせず、請求がきた三日後くらいにはまた購入しているのです。

今月は節制しようと思っても自制ができないのです。

貯金もなくなってしまい、どこかでお金を借りなくてはいけないような状態になりました。

今すぐ借りたいなんて家族にも相談できませんし、どうしようかなぁと毎日考えていました。

そこでリボ払いに切り替えることにしました。

十三万円くらいの請求だったのですが、払いきれませんのでこれをリボ払いにしました。

リボ払いにすると更に自制が効かなくなり「リボ払いできるんだから大丈夫だろ」と思い込みまた買い物をしてしまうのです。

リボ払いなので年利も高いですし、リボ払いが減っていってる感じがありません。

一年くらいかけて十三万円を払い終えたとき「もう二度と利用しない」と思うくらいゲッソリしてしまいました。

カードの支払いをリボにするくらいだったら、おとなしく借金しておいたほうがマシなレベルだと思います。

もう二度とリボだけは利用しません。

つい最近の出来事の中にお金がほしいって思いました

お金を借りるなら
本当につい最近のこなのですが、それはパソコンについての出来事なんです。
私のパソコンは購入しまして5年余りになるのですが、まあずいぶんと動きが鈍くなってはきていたのですが、私はパソコンの内部にはあまり詳しくはありませんからある手度文字が打てたり、印刷できたりすればいいやってほどのものだったんですね。
それで動作の遅さはあまり気にならなかったんですが、この間悲劇が起こりましたそれは朝の出来事でした。なんと電源を入れて立ち上げようととしたら、電源は入るのですが画面真っ暗状態で、パソコンの内部からブーンという音だけがしていてい一向に画面」が出てこず何度やり直しても同じことでした。それでその日そのパソコンで仕事ができなくなったんです。
つまり故障ですね。その日にどうしてもやらなければならないことがあって本当に困りました。
このときにパソコンを手に入れるためには買うしかないのですが、お金がありませんでした。
生活費がやっとでしたから、いま5.6万使ったらもう生活できません。それで私はまともに使える中古パソコンの一万円のものを買ってきたのですが、生活費の一部からのお金を使ったのでおそらく食べられない日が今度の給料日までに3日位はあるだろうと思っています。
ダイエットにはなりますが、栄養面でちょっと心配です。お金がないと本当に悲惨です。
でもこの時代パソコンが壊れるのもちょっと深刻な問題だとも思いました。
壊れないパソコンってないものでしょうか。

夫が頑張って働いて得たお金なのに

どんな夫婦にも、家族にバレずにお金を借りるのは無理であって、お金の悩みはつきものでしょう。
http://家族にバレずにお金を借りる.biz/

私はパートをしていますが、収入は夫の収入の半分にもなりません。夫婦二人家族のため、夫だけの収入でも毎日の生活に支障が出ることはありませんが、子供でもないのに、夫の収入におんぶに抱っこだ養われているのが申し訳なく、パートを始めました。子供がいないのですから、本来ならばフルタイムで働いて、夫に万が一のことがあっても、自分の生活を自分で支える基盤を作っておくべきだとも思いますが、夫は私がフルタイムで働くのは望んでおらず、家のことを最優先にして、パートはお小遣いを稼ぐ程度で十分という考えなのです。
正直に言うと、夫の考えはもともと外で働くのが好きではない私にとっては、ありがたい考え方ではあります。しかし、同時に大人として、社会人として独り立ちできていないような気にもなります。

お小遣い程度の収入とはいえ、自分の車の維持費、生命保険の掛け金、帰省の費用などは自分で払うようにしています。そのため、専業主婦の頃にはこれらも夫の収入に頼っていたので、その頃に比べると夫の収入からの出費が減り、その分貯金に回しています。

これでなんの問題もない、と夫は満足しているようですが、私はなんとなく悩んでしまいます。
独身時代には、私もフルタイムで働いていたし、外で働くことの大変さはよく分かっています。夫が一生懸命働いて得たお金を、私の食事や衣類、化粧品などに使ってしまって良いのだろうかという罪悪感のようなものが付きまとうのです。

落とした時のことを考えてもクレジットカード一択で

私が海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを使っている理由は、やっぱり便利だからですね。現金を数える必要もなければ財布の中身をいちいち把握していなくてもいいですからね。それにそもそも、現金を持ち歩かなくても良いという気楽さも良いですね。

たとえば、財布を落とした場合には、クレジットカードはすぐに使用停止をすることができますけれど、落としてしまった現金は使用停止はできませんからね。ですから、心ない人に使われてしまったら、まるまる現金はなくなってしまうわけです。

しかしクレジットカードをすぐに使用停止にしてしまえば、お金は一切減ることなく損もすることがないのです。とは言っても、すぐにクレジットカードを他人に使われてしまった場合は、損をすることでしょう。けれども、クレジットカードって意外と他人は使いませんからね。

やっぱり誰が使っても怪しまれない現金とは違って、本人しか使うことができないクレジットカードは、やっぱり度胸も必要となりますから犯罪への心のハードルが一段あがるからなのか、あまり使われることもないようで。

そしてだからこそやっぱり落としたときのことも考えてのクレジットカードなのですよね。それに現金を持ち歩かなくていいところはやっぱり便利ですからね。

私が活用しているクレジットカードのポイント

私が利用しているクレジットカードのポイントの用途は、クレジット会社の広告に掲載している商品に交換する事です。

クレジットカードを使用する際に溜まっているポイントを使って、ポイントを有効的に活用しながら様々な商品を購入する事もあります。

クレジットカードのポイントは、有効期限があって、ただ溜めておくだけでは勿体無いと感じる事が多いので、早めにポイントを商品に交換しています。

できるだけお得になるようなポイントの使い方をしながら、クレジットカードを利用しています。